光と風に包まれたリゾートチックなコートハウス

有限会社マルハ白都建設
〒432-8068 浜松市西区大平台3-28-17

メニューを開く

このページの先頭にもどる

case_newly施工事例

浜松市

光と風に包まれたリゾートチックなコートハウス

光と風に包まれたリゾートチックなコートハウス

青空と海風が似合う白亜のコートハウス。開放的な吹抜けのリビングと、テラスデッキ、インナーガレージを備えたL字型の建物は、住宅街にありながら周囲の視線をカット。テラスデッキと外部との堺に外壁と同素材の壁を設けて中庭のように囲み、プライバシーを確保した。LDKはテラスデッキを囲むようにL字型に配置。無垢の床が広がるナチュラルモダンな空間に吹抜けの高窓から光が注ぎ、適所に設けた窓から爽やかな風が通う。全体の間取りは、ご夫妻が生活しやすい動線を重視。カキの養殖業を営むご主人は、仕事着で帰ってくることが多いため、玄関を通らずガレージから最短距離でバスルームに行ける動線を実現。動線上に仕事着や着替えをしまえるランドリールームも用意した。一方、奥さまのこだわりのキッチンはワークスペースにゆとりを持たせ、収納もたっぷり確保。非日常感を満喫できるリゾートチックな暮らしは、生活しやすさの上に成り立っている。


LDKはテラスデッキを囲むL字型。近隣の視線を遮り、プライベート感溢れる空間を実現。
 


吹抜けの高窓から青空を眺めて、開放感に浸りながらゆったり寛げるリビング。掃出窓の外にはテラスデッキが広がる。
 


リビングの一角には、将来親御さんが一緒に住めるよう配慮して小上がりが設けてある。
 


タイル敷きのテラスデッキ。外壁と同素材の壁で中庭のように囲み、プライバシーを確保。

壁がファサードのデザイン上でも効果的な役目を果たしている。非日常感溢れるリゾートチックな空間が実現。
 


ダイニングテーブルを一列に並べたペニンシュラ型のオープンキッチン。

家族が自然とお手伝いをしたくなるキッチンスタジオのようなワクワク感に溢れている。
 


キッチンは少し奥まったところに配置して、大空間を緩やかにゾーニング。

空間に奥行き感も生まれた。キッチンの正面にはテラスデッキが見え、開放感を楽しめる。
 


南側のバルコニーに面した主寝室。壁で隔てたウォークインクローゼットがホテルライクな印象。
 


日常的な空間がホテルライクな美しい仕上がりに。
 


BBQを楽しむこともできるインナーガレージ。ご主人は奥のドアから最短でバスルームへ行ことができる。
 


建物のサイドにインナーガレージと、壁で囲ったテラスデッキがある。