笙が奏でる神秘的な和音ととともに ◆◆◆建設ディレクター・田邉ブログ◆◆◆

有限会社マルハ白都建設
〒432-8068 浜松市西区大平台3-28-17

メニューを開く

このページの先頭にもどる

blogスタッフブログ

2019/10/30

笙が奏でる神秘的な和音ととともに ◆◆◆建設ディレクター・田邉ブログ◆◆◆

笙が奏でる神秘的な和音ととともに ◆◆◆建設ディレクター・田邉ブログ◆◆◆

こんにちは! 2週連続の田邉ブログです。

気付けば10月も終わりですね~。だんだんと気温が下がり、過ごしやすくなってきました。

さて、今回レポートするのは、掛川市・K様邸で行われた地鎮祭の様子です。

ご参加いただいたのは、K様ご夫妻と息子さん、お主人様のお母様&妹さん。

ちょっと陽射しは強かったのですが、「秋晴れ」という言葉がぴったりの気持ちの良い一日となりました。

また、今回の地鎮祭はいつもとは別の神社に依頼させていただいたので、

私としても新鮮な気分で執り行うことができたと思います。

玉串の拝礼の時には、神主さんが笙(しょう)と呼ばれる管楽器を演奏してくださり、それがとてもステキでしたね。

奏でられる和音が神秘的で、まるで青空に昇っていくように音色が響き渡りました。

鍬入れの時には、息子さんから「ボクもやりたい!」との声があがり、

ご主人様と一緒に「エイ、エイ、エイッ!」と元気良く鍬を入れる姿が印象的でした。

鍬入れは、地鎮祭の中でも重要な儀式とされるものなので、それを親子で行えたことはすばらしい思い出になるのではないでしょうか。

ちなみにこの「エイ!」と大きな掛け声を出す習わしは、エイ=栄(栄える)という意味があるそうですよ。

乾杯の時にも「ボクも!」を連発していた息子さん。とても好奇心旺盛なお子さんですね(笑)。

神主さんが杯にお水を注いでくださり、無事、みんなと一緒に祝杯に参加することができました。

地鎮祭後は、私とK様とでご近所様へのあいさつ回り。みなさんやさしい方ばかりで安心できました。

K様ご夫妻は「無事終わって安心しました。これから工事がスタートし、11月の上棟式まで本当に楽しみです!」

と語ってくださり、今のワクワクした様子が存分に伝わってきましたよ。

というわけで、K様、この度は地鎮祭にご参加いただきありがとうございました!

今後とも何卒よろしくお願いいたします!!!

 ■■■ 11/3)佐鳴湖公園にてARRCH初のマルシェを開催♪  ■■■

グルメ・雑貨・体験型イベントなど、25店以上の選りすぐりのショップが勢揃い! みなさまお誘い合わせの上、遊びに来てくださいね♪ 

マルシェの詳細はコチラから → https://www.arrch.net/topics/slug-4e51817ad42b9e2538a998504c06c1f4