家族で行こう! 【モデルハウス見学】のポイントはココ!

有限会社マルハ白都建設
〒432-8068 浜松市西区大平台3-28-17

メニューを開く

このページの先頭にもどる

columnコラム

2020/12/22

家族で行こう! 【モデルハウス見学】のポイントはココ!

家族で行こう! 【モデルハウス見学】のポイントはココ!


住宅会社が実際に建てた家を見ることは、家づくりのイメージや会社選びの大きなヒントになります。その絶好の機会となるのが【モデルハウス見学】です。ステキなモデルハウスを見学すると、家づくりのテンションがアップするきっかけになりますし、ホームページやカタログ資料ではわからない情報を肌で感じることができますよね。

モデルハウス見学は大きく分けて、住宅会社が単独で建てている会場と総合住宅展示場など複数の住宅会社が集まって建てている会場があります。また、いつでも自由に見学できる会場もあれば、事前予約が必要な会場もあるので、事前に調べてから足を運んでみてくださいね。

というわけで今回は、モデルハウス見学の際のポイントについてご紹介していきます。事前の準備や当日のチェックポイントなどを一緒に学んでいきましょう♪

どんな家に住みたい? 意見・要望をまとめる

モデルハウス見学に訪れる前に「どんな家に住みたいのか?」をある程度明確にしておく必要があります。「自然素材をふんだんに使った家が良い」「天井が高くて開放感のあるリビングが好き」「中庭と床暖房は絶対に欲しい」「予算はこのくらいが目安」など、家族の意見や要望をまとめて、目指すべき“理想の家”のイメージを膨らませていきましょう。そうすることで、見学してみたい注文住宅会社やモデルハウスを自然と絞り込むことができますよ。

“理想の家”に近い見学先を絞り込む

モデルハウス見学はとても楽しい時間ですが、無数にあるモデルハウスをすべて見学するのは不可能です。前述したように「どんな家に住みたいのか?」を明確にした上で、ホームページなどで目星を付けた注文住宅会社の施工事例やテイスト、強みなどを調べ、“理想の家”に近い住宅会社・モデルハウスから見学をするようにしていきましょう。

注文住宅会社の選び方に迷っているのならこちらのコラムも併せてご覧ください → https://www.arrch.net/column/slug-16461a858fc9ab429850118263a8cc18

開催中のイベントなどをチェック!

週末や連休に行われるモデルハウス見学会では、無料セミナーや体験会、来場者プレゼントや商品が当たる抽選会といった楽しいイベントがたくさん企画されています。子ども向けのイベントも多いので、事前にチェックしておいて損はありません。また、期間限定のキャンペーンを行っている場合もあるので、そこもしっかり確認しておきましょう。せっかく足を運ぶならお得な方が良いですからね。

モデルハウス見学に持参したいアイテム

一回一回のモデルハウス見学を有意義なものにするために、下記のようなアイテムを持参することをおすすめします。

筆記用具&メモ帳

気になったことや担当スタッフの説明などは、できるだけメモしておくようにしましょう。後でそのメモを見比べることで、見学会のことを思い出したり、住宅会社選びのヒントになりますよ。

デジタルカメラ

メモ帳と同じで、気になったことなどをカメラで画像や動画として記録しておきましょう。文字だけでなくビジュアルとして残しておくことで、後で見た時に、より具体的に見学内容を振り返ることができます。

メジャー

現在使っている家具や家電(特に大きいもの)のサイズをあらかじめ測っておき、モデルハウスでも配置可能かどうかをチェックしてみてください。もちろん、そのモデルハウスに実際に住むわけではないのですが「このくらいのスペースがあれば今使っている冷蔵庫も置けるね」とか「リビングはこれよりもう少し広くしないと今のソファは無理だね」など、間取りや空間の広さを具体的にイメージすることができるようになります。

簡単に着脱できるアウター

特に総合住宅展示場では、空調が強めに設定されている場合があります。「外は寒いけど、モデルハウスに入ったら暑いくらい」という状況が予想されるので、冬場の服装(アウター)は、簡単に脱いだり羽織ったりできる服をセレクトしておくと良いかもしれません。

実際のモデルハウスでチェックする項目

さぁ、いよいよモデルハウス見学です。見学当日は下記のようなポイントをチェックしてみましょう! そして、気になることがあれば何でも担当スタッフなどに質問をし、メモを取って、画像や動画として残すよう心掛けてみてください。 

◎ 天井の高さ・間仕切り

天井を高くしたり間仕切りを減らすことで開放感が生まれ、同じ広さの間取りでも部屋が広く感じられます。いくつかのモデルハウス見学をする中で「どのくらいの広さで、どのくらい天井が高いと広く感じられるのか?」を確認していきましょう。

◎ 使われている素材や建材

モデルハウスでどのような素材や建材が使われているかをチェックしてみましょう。実際に見て、触れたりすることで、見た目の印象や質感などがわかり「家を建てる時はこの素材が良いな」といった具体的な要望の発見につながります。

◎ 断熱性能の重要性

快適な住まいには優れた断熱性能が欠かせません。光熱費や冷暖房効率にも影響してきますからね。ですので可能であれば、外気温と室温の差が激しい真冬 or 真夏にモデルハウス見学をしてみてください。その住宅会社が建てる家の断熱性能を知ることができるだけでなく、実際に断熱性能がどれだけ大切なのかを肌で感じる良い機会になりますよ。

◎ 生活動線・家事動線

生活動線や家事動線も普段の生活を快適にする大きな要素です。モデルハウス見学を通じて「どのような動線ならスムーズな家事が叶えられるのか?」のヒントを探ってみてください。ポイントは、そのモデルハウスで実際に生活や家事をしている場面をイメージすることです。また、雨の日を想定して(雨の日に洗濯物をどこに干すか?など)間取りや動線を見てみるのも面白いですよ。

◎ 家具や家電のサイズ

前述した「持参したいアイテム」でも書きましたが、現在使っている家具や家電(特に大きいもの)が、モデルハウスでも配置可能かどうかをチェックしてみてください。そうすることで、必要な間取りや部屋の広さをイメージできるようになります。新築と同時にすべての家具・家電を買い替える方は少ないと思いますので、特に、現在使っているソファー、テレビ、食器棚、ダイニングテーブルなどは、事前にサイズを測ってモデルハウスに当てはめてみると、理想の家づくりのヒントにつながっていきます。

◎ 備品にどんどん触れる

モデルハウスには実際の暮らしをイメージしたオシャレな家具・家電が備えられています。担当スタッフに確認した上で、ソファや椅子に腰掛けてみたり、床に座ってみたり、ベッドに寝転んでみたり、トイレやバスタブに入ってみるなど、さまざまな目線からモデルハウスの印象を確認してみましょう。目線が変わることで、間取りやデザインの見え方が変わり、新たな発見があるかもしれません。また、ドアやサッシ、クローゼット、収納棚などの扉もすべて開け閉めしてみましょう。使い勝手はもちろん、風通しの良さや日光の入り方などのチェックにも役立ちます。

◎ 担当スタッフの印象は?

当日モデルハウスを案内してくれた担当スタッフが、その後の商談から契約後の施工の窓口になるのが一般的です。ですので、担当スタッフの人柄や話し方、その後のフォローなども含めて、安心して信頼できるかどうか、自分との相性などをしっかり確認してください。同じ住宅会社でも担当者によって満足度が違うケースは多々あることです。その会社で家を建てるとなれば長い付き合いになりますので、問題があるようなら、担当を代えてもらうのもひとつの手です。

◎ 目に見えないところの質問を

これも担当スタッフに対するチェックポイント。普段の生活ではなかなかわからない建物の基礎部分や屋根裏、床下、家の性能などについて積極的に質問していきましょう。耐震性や耐久性、メンテナンスといった専門的なことまで「わかりやすく納得できる説明ができるかどうか?」「ごまかしたり後回しにせず、丁寧な対応をしているかどうか?」を厳しくチェックしていきましょう。この対応の仕方が、住宅会社選びや担当者を見極めるひとつの判断材料のひとつになります。

◎ オプション設備に注意する

モデルハウスの仕様や設備は、標準設備ではなくオプション設備であることが多かったります。特にキッチンやバスルームはオプション設備で整えられている場合が多いですね。もちろんこれはデメリットではなく、最新の設備を知る良い機会なのですが、モデルハウスの仕様・設備をそのまま採用しようとすると、予算が大きく跳ね上がってしまいます。気に入った設備などがあったら、まずは「これは標準設備ですか?」と確認してみることをおすすめします。

□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

いかがでしたか? モデルハウス見学のポイントについて「なるほど!」と思われる内容がいくつかあったのではないでしょうか? 

家族の意見・要望を取り入れて“理想の家”のイメージを明確にし、優先すべき見学会を絞り込んで、有意義なモデルハウス見学を重ねていく。可能であれば、モデルハウス見学には家族みんなで訪問し、それぞれの意見や感想をメモしておくことも大切になると思います。

また、見学を重ねていくことで、各住宅会社メーカーのメリット&デメリットがだんだん見えてきて、自分自身の目も肥えてきますよね。間取りやデザイン、インテリアのアイデアもどんどん蓄積されていきます。その段階になったら、もう一度、気になっている住宅会社のモデルハウス見学に出掛けてみてください(一度と言わず、納得できるまで何度でも)。そうすることで、最初の見学では気付かなかった部分や目が肥えてきたからこその新発見が生まれ、「最終的にどこの住宅会社にお願いするか?」の大きな判断基準になっていきますよ。

もちろんARRCHでも「我がままな平屋」「中庭と暮らす家」をはじめ、随時モデルハウス見学会を行っています(詳細はHPのトップ画面から)。 気になる方はぜひ遊びに来てみてくださいね! スタッフ一同、あなたに会える日を心からお待ちしております♪