憧れの【ウォークインクローゼット】を設置する際に知っておきたいこと

有限会社マルハ白都建設
〒432-8023 浜松市中区鴨江3丁目70番23号

メニューを開く

このページの先頭にもどる

columnコラム

2021/08/01

憧れの【ウォークインクローゼット】を設置する際に知っておきたいこと

憧れの【ウォークインクローゼット】を設置する際に知っておきたいこと

間取り図上でよく見かける「WIC」の文字。これは何を表しているかご存知ですか? そう、ウォークインクローゼットですよね。新築の注文住宅においても、今や標準的な間取りのひとつと言えるほど人気の間取りです。そこで今回は【ウォークインクローゼットを設置する際に知っておきたいこと】についてまとめていきます。ウォークインクローゼットの基本的なタイプから、メリット&デメリット、設置する際に注意したいこと…など、ざっくばらんに解説していきますよ♪

ウォークインクローゼットの基本的なタイプ

ウォークインクローゼットとは、その名の通り「人が歩ける収納スペース」のこと。つまり、押入れなどの一般的な収納と比べ、広めのスペースが必要となります。ここでは用途に合わせて、代表的な3つのタイプのウォーキングクローゼットをご紹介。それぞれの特徴を覚えていきましょう!

全面収納タイプ

ウォークインクローゼットのすべての壁面スペースに収納棚などを配したタイプです。棚のバリエーションを増やすことで、洋服や小物だけでなく、大きな物もすっきり収めることができます。ウォークインクローゼット用に広めのスペースを確保できる場合は、このような高い収納力を持つタイプがおすすめです。

 ハンガーメインタイプ

壁面にハンガーパイプを設置するタイプで、主に衣類の収納に効果的です。全面収納タイプと比べて設置費用が安く、狭いスペースでも導入しやすいのがポイントです。デメリットとしては、大きな物を収納したり、靴やバッグなどの小物を収納するにはあまり適していないところです。

 ユニット棚タイプ

大小のユニットキャビネットを壁面に取り付けるタイプです。用途や好みに応じて棚板や収納ボックスを組み合わせることで、さまざまな物を収納することができます。また、ユニットキャビネットは大型家具店でも豊富に取り揃えていますので、お気に入りのキャビネットを購入して自分で取り付けることもできます。

ウォークインクローゼットのメリット&デメリット

続いて、ウォークインクローゼットのメリット&デメリットをあげていきます。

【メリット】

◆ たくさんの物が収納できる!

広く設けられた収納スペースなので、さまざまな物を収納できます。洋服や靴はもちろんのこと、消耗品などのストック品、ひな飾りやクリスマスグッズなどの季節の物まで、何でも収納しておけるのがメリットです。

◆ スーツケースなどの大きな物が置ける

一般的な収納では収まらない大きなサイズの物も楽々収納することができます。例えば、スーツケースや季節ものの家電(扇風機や灯油ヒーターなど)、布団や毛布などですね。通路があるので、押入れなどに比べて出し入れがしやすいというのもメリットだと言えます。

◆ 着替えやコーディネートができる

衣類収納をメインとするウォークインクローゼットであれば、クローゼット内で着替えやコーディネートを行うことができます。通常なら、洋服はタンス、靴は玄関、バッグは押入れ…と、物がバラバラに置かれていることが多いと思うので、移動の手間を省けるわけです。着替えスペースや大きな鏡を設置しておけば「今日は何着ていこう?」がまるっと完結できます。

◆ 衣替えが不要になる

次も衣類収納がメインの場合。夏物・冬物関係なく持っている衣類をすべて収納できるので、季節の変わり目に衣替えをする必要がなくなります(結構大変なんですよね)。ママさんの衣類だけでなく、子どもたちの衣類もまとめて収納できれば、こんなに便利なことはありませんよね。

【デメリット】

◆ 広めのスペースが必要になる

前述の通り、ウォークインクローゼットを設置する場合は、ある程度のスペースが必要となります。無理してウォークインクローゼットを設置したことで「他の部屋が狭くなってしまった…」なんてことにならないよう、家の広さや間取りを考えて導入を検討してみてください。一般的な収納で事足りるようであれば、わざわざウォークインクローゼットにする必要はないかもしれませんよ。

◆ 通路がデッドスペースになる

「収納スペース内に通路がある」というのがウォークインクローゼットの特徴ですよね。通路というのは人が行き来するスペースですから、原則として物を置くことはありません。酷な言い方をすれば「ただ人が通るだけのスペース」ですので、考え方にもよりますが、結構もったいないデッドスペース…と捉えることもできます。

いざ、ウォークインクローゼットを設置!

基本的なタイプやメリット&デメリットを知った上で、いざ「ウォークインクローゼットをつくろう!」という決断ができたと思います(「やっぱ、やめよう…」という方、ごめんなさい)。続いては、実際にウォーキングクローゼットを設置する際に知っておきたい情報注意点をいくつかあげていきます。以下を参考にして、後悔のないウォーキングクローゼットの実現に近づけていってください!

「どのくらいの広さが必要?」

ウォークインクローゼットを設置するには、ある程度の広さが必要であることはおわかりになりましたよね? では、実際にどのくらいの広さが必要なのでしょうか? 一般的には「住む人の人数×畳」で計算されることが多いようです。つまり、2人家族であれば2畳分のスペース、4人家族であれば4畳もしくは、2畳を2ヵ所というイメージです。このくらいの広さがあれば、ウォークインクローゼットとして十分な収納力と通路幅を確保することができます。

とは言え、広いスペースが取れないからとあきらめてはいけません。例えば、壁の片側にだけ収納棚を設置するタイプにしたり、ウォークインクローゼットをコの字やL字型にすることで、小さなスペースでも設置が可能になる場合があります。

「どこに設置するのがおすすめ?」

ウォークインクローゼットの設置場所で一番おすすめなのは、寝室に直結した場所です。衣類をはじめ、プライベートな物を収納するスペースですので、来客などから見えにくい寝室付近はウォークインクローゼットに最適! また、朝起きてすぐ着替えられるなど、機能面でも効果を発揮します。加えて、廊下に面したところに出入口をつくることで、家族みんなが使いやすいクローゼットになります。

「換気や照明、コンセントはどうする?」

ウォークインクローゼットをより快適にするために、忘れてはいけない設備があります。それが、換気・照明・コンセントです。

換気に関しては、何となくイメージしやすいですよね? ウォークインクローゼットは閉ざされた空間になりがちですので、日当りが悪かったり、湿気がこもりやすくなります。そうなると、せっかくの大切な洋服が傷んでしまうことも…。ですので、できるだけ湿気がこもらない場所に設置したり、換気窓などを取り付けるなどしておく必要があります。

続いては照明。こちらも当たり前ですが、ウォークインクローゼット内には照明は必要です。“人が通れる広めの押入れ”みたいなものですからね。注意したいのは、照明の位置。あまりに衣類などの近くに照明があると、熱によって衣類にダメージを与えたり、最悪の場合、火災のリスクも考えられます。

最後にコンセントです。クローゼット内でアイロンやズボンプレッサーなどを使用することを想定していますか? であるなら、コンセントは必須です。どこで、どのような作業をするかを事前にしっかりイメージして、コンセントの位置や数を検討してみてください。

□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

いかがでしたか? ウォークインクローゼットのポイントについて深く知ることができたでしょうか? 総括して言えることは、単なる憧れだけで「ウォークインクローゼットが欲しい!」というのは避けた方が良いということ。実際の収納力だけで比べてみると、一般的な収納とウォークインクローゼットではそこまで大差がなかったりしますからね。

まずは「何を収納したいのか?」「どのような使い方をしたいのか?」をしっかり考えることからスタートしていきましょう。その上で、どこに、どのくらいの広さで設置するのかを検討してみてくださいね。

ARRCHの家づくりをもっと知りたい! カタログ請求はこちら ARRCHの家づくりをもっと知りたい! カタログ請求はこちら

ARRCHの建てた家を実際に見てみたい! ARRCHの完成見学会をチェック ARRCHの建てた家を実際に見てみたい! ARRCHの完成見学会をチェック

女性スタッフ 写真 女性スタッフ 写真