光と風を招き入れた、自然体で過ごせる窓の見えない家

有限会社マルハ白都建設
〒432-8068 浜松市西区大平台3-28-17

メニューを開く

このページの先頭にもどる

case_newly施工事例

浜松市

光と風を招き入れた、自然体で過ごせる窓の見えない家

光と風を招き入れた、自然体で過ごせる窓の見えない家

理想の間取りを自作するほど、家づくりに情熱をかけていらっしゃったO様ご夫妻。

敷地は駐車場に面していたため、プライバシーに配慮しながら、光と風をいかに確保するかという難問がありました。

ご提案したのは、南面に窓が見えないE字型の家。凹みの部分にルーパーを設け視線をカット。

飛び出した壁の側面にも窓を付け、光と風を取り込むことで、周りの目を気にせず、ゆっくりとくつろげる心地いい空間が誕生しました。

打合せは盛り上がり、8時間を越えることも。「希望のクロスをお願いしたら、白都社長は『絶対にダメ』って(笑)でもそのクロスは劣化しやすい材質で、機能面、価格面でダメダメだったんです。要望を聞くだけのイエスマンでなく、そんなプロの意見がとてもうれしかったですね」と奥さま。

「私たちのこだわりを100%詰め込んだ、後悔のない家が完成しました。限られた予算の中で、ここまで素晴らしい家ができたのは奇跡だと思います」と、本当に嬉しいお言葉をいただきました。


ルーバー越しにやわらかな光が差し込み、カバザクラの床材が足に気持ちいいリビング。右側の壁面収納の下に地窓を設けることで、室内に風が通る。
 


フリーランスで働くご主人のための10畳の書斎。家でも仕事に集中したいと落ち着いたデザインでコーディネート。
 


白と水色の壁が清潔感を演出する家事室。浴室と物干し場に隣接し、家事動線もスムーズ。
 


余分なものがなく、機能性に優れた業務用のステンレス製キッチンが、シンプルモダンな空間に映える。
 


60cm x 60cmの大きなタイルを使った、ゆったりと上品な佇まいの玄関ホール。シューズボックスを浮かせ、照明を入れることで軽やかな印象に。
 


外壁を高く立ち上げ、外からの視線をカット。青空しか見えないバルコニーから、風や光が室内に届く。
 


周囲は人通りの多い場所なので、目立たないよう玄関ポーチはあえて建物の内側に引き込んだデザインに。

やわらかな光が差し込むリビング。
 


ルーバーや窓からこぼれる美しい光が、昼とはちがう表情を見せるとともに、アイデアに富んだ窓の配置に気付かされる。